めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

亜鉛メッキ加工に関するお問合せ

亜鉛メッキ加工全般に関する質問です。

亜鉛メッキ加工について基本的なことかも知れず恐縮なのですが
クロメート、ユニクロ処理について伺いたいと思います。

クロメート、ユニクロ処理とは通電して処理するものな
のでしょうか?

電気メッキの部門に入っているときもありますが。

また、ひっかけなどがついている部分はどうしてもめっ
きができないと思いますがどのようにしているのでしょ
うか?

現場を見たことがないのでイメージができないのですが
教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。

> 亜鉛メッキ加工について基本的なことかも知れず恐縮なのですが
> クロメート、ユニクロ処理について伺いたいと思います。
> クロメート、ユニクロ処理とは通電して処理するもの
> なのでしょうか?

亜鉛メッキ加工という電解めっき(電気を通電させます)を行い、
その亜鉛メッキ加工された後、製品に

「クロメート処理」というものを行います。

ユニクロは「光沢クロメート処理」で青色です。
クロメートは「有色クロメート処理」で虹色です。

クロメート処理は、処理液の中に浸漬させるだけです。
このとき電気は使用しません。

> また、ひっかけなどがついている部分はどうしても
> めっきができないと思いますがどのようにしているので
> しょうか?

小さな製品の場合には、「バレル」と呼ばれる回転式
のドラムの中に製品を入れて亜鉛メッキ加工をいたします。
これを使用しますと全体的に亜鉛メッキ加工がのります。

ひっかけてめっきする場合には、亜鉛メッキ加工がついていない
ことを事前にお客様にご承諾頂くか、その部分を塗料で
隠します。

この塗料を塗布してもいいかどうかもお客様にご相談い
たします。
上記の塗料がすべてのメッキ業者さんには当てはまりま
せんのでご了承ください。

塗料もひっかけの痕もだめな場合には、他のメッキ処理に
変更していただきます。
電気を使用しない「無電解ニッケルめっき処理加工」が
一般的です。

★亜鉛メッキ加工のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP