めっきQ&A


●無電解ニッケルめっき処理の上に塗装された場合。

お客様にて、無電解ニッケルめっき処理の上に塗装
をされているのですが、密着性が悪く、剥がれやすいとの
こと。

何か対策はございますでしょうか?


どうしても、無電解ニッケルめっき処理が必要
であれば、無電解ニッケルめっき処理後に、

 クロメート処理

を実施する方法がございます。

原因としましては、ニッケルが不動態化しやすいので密着
を得られない可能性が高いです。

可能であれば、亜鉛メッキ加工後の有色クロメート処理や、
リューブライト処理に変更されることをお奨めいたします。

または、素地を荒らして物理的にアンカーを得るなどの
方法も考えられます。

★無電解ニッケルめっき処理のページはこちらから。
★亜鉛メッキ加工のページはこちらから。
★リューブライト処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP