めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

亜鉛めっき加工処理に関するお問合せ

亜鉛メッキ加工処理の光沢クロメートとユニクロの違いとは。

RoHS指令に関して、一般的な六価のユニクロは抵触
するとのことですが、亜鉛メッキ加工処理の
光沢クロメートは抵触しますか?

またユニクロとの違いはありますか? 

亜鉛メッキ有色クロメートは色合いが違うのでわかる
のですが、光沢クロメートは区別がつきにくいので
ユニクロとの違いを教えてください。

まず、ユニクロと光沢クロメートは同じ意味でござい
ます。

従って、ユニクロが抵触するとされている場合は、
光沢クロメートも同じであるとお考え下さいませ。

また、これが「6価のユニクロ」であれば抵触します。
「3価のユニクロ」であれば抵触しません。

「ユニクロ」の語源としては、
アメリカのUNITED CHROMIUM社の商標名でございますの
で、JIS規格では「光沢クロメート」表記となります。

★亜鉛めっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP