めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

亜鉛めっき加工処理に関するお問合せ

三価黒クロメートと六価黒クロメートに関する質問。

三価黒クロメート、六価黒クロメートの両方について
お聞きします。

 1.メッキ皮膜のピンホールの状態はどうなりますか?
   通常皮膜の厚さはどのくらいですか?
 2.メッキ厚均一性、メッキの硬さ、メッキ密着性
  (Kg/mm2)、耐蝕性についての参考数値等あれば
   教えて下さい。

尚、参考資料等あれば送付願いたく宜しくお願い致します。

以上、宜しくお願い申し上げます。


通常(一般的な膜厚)ですと5~8μmとなります。
ピンホールに関しましては、両皮膜共に優位さなく発生
する状況でございます。

三価の黒クロメート、六価の黒クロメート共に亜鉛
めっきの後処理でございます。

つきまして亜鉛めっきの均一性、皮膜硬度、密着性に起
因致します。
亜鉛めっきの種類も数種類ございまして、種類によって
若干異なる状況でございます。

参考程度にデーターを開示させて頂きます。
下記は六価の黒クロメートのデータになります。
・皮膜硬度(50~200Hv)
・耐食性(中性塩水噴霧試験)白錆発生時間:96~200h
・めっき厚均一性は、亜鉛めっき処理液によって異なります。
 形状によっては、専用の治具を製作すれば均一性を向
上させることが可能です。
・密着性の数値的なデータはございませんが、一般的な
鉄素材であれば良好です。
数値的なデータは、JIS規格に基づいて試験をすれば提出
可能でございます(有償)

三価の黒クロメートはクロメートの後処理(トップコート)
で各社異なりますので、データはございません。

ただし、こちらもJIS規格に基づき測定することは可能で
ございます。

お力になれず恐縮ですが、宜しくお願い致します。

★亜鉛めっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP