めっきQ&A


ユニクロ部品の保存方法について

S45Cの切削加工品にユニクロしてあります。
内径部にネジ&溝があり、めっきがのっておりません。

その部品が多数あり、ネジ部から錆びるのでCRC等の
油を吹いて保存しておくとめっきが斑に変色して
しまいました。

ユニクロにおいて油を塗布して保存するのは問題ない
でしょうか?

そもそも長期保存には向いていないのでしょうが、
変色・変質を最小限にとどめる保存方法など有ります
でしょうか?

また、本部品のように存在的に錆びやすい部分がある
場合にはどのようにするのが良いのでしょうか?

全くお取引など無いのにこんな質問して良いのか憚り
ましたが非常に有用なサイトに感銘を受けまして御質問
させていただきます。

間違いではございません。
弊社でもご要望がございましたら防錆油を塗布いたしま
す。

> そもそも長期保存には向いていないのでしょうが、
> 変色・変質を最小限にとどめる保存方法など有り
> ますでしょうか?
> また、本部品のように存在的に錆びやすい部分がある
> 場合にはどのようにするのが良いのでしょうか?

製品の形状的に処理が「のりにくい」箇所なのかもしれま
せんので電気めっきではなく、無電解ニッケルめっきが
宜しいかと思います。

その処理後に、防錆油を塗布するのが宜しいかと思います。
もしくは、製品と同梱でシリカゲルなどの乾燥剤をいれて
おいてくださいませ。

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP