めっきQ&A


硬質クロムめっきの耐熱性と耐摩耗性について

硬質クロムめっきの耐熱性の概要について教えてください。

析出されたクロムは、多量の水素を吸蔵してます。
この水素は加熱により除去されますが、一方、硬さも
低下いたします。

吸蔵されている水素は400℃に加熱すると約95%が
除去されますが、硬さは、500℃付近で急激な低下が
みられます。

加熱温度と耐摩耗性の関係は、温度が300℃以上に
達すると急激に低下します。

これらのことから、硬質クロムめっき処理の水素除去方法
には、150〜200℃で1〜4時間にて処理するようJIS作業標準
にて指示されております。

また、熱による皮膜の剥離ですが、素材自体が熱で歪みを
発生した場合に、硬質クロムめっき処理の皮膜が剥離する
温度を限界点と弊社は考えております。

硬質クロムめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP