めっきQ&A


硬質クロムめっきの熱処理と疲労強度の関係について

空気中で加熱すると酸化されて酸化クロムを生じるよう
になります。

800℃以上になりますと、酸化クロムの生成が顕著に
なります。

一方で、めっきの密着性は600℃に加熱されても影響
されません。

熱処理と疲労強度の関係は以下のようになります。

鉄素地のまま・・・73,000p.s.i
クロムめっき・・・57,000p.s.i
クロムめっき(400℃、45分加熱)・・・72,000p.s.i
再めっき・・・50,500p.s.i
再めっき(加熱)・・・69,500psi

硬質クロムめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP