めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき加工処理に関するお問合せ

硬質クロムめっき加工処理の熱処理と疲労強度の関係について。

硬質クロムめっき加工処理の熱処理と疲労強度の関係
について教えてください。

文献等やネットにて検索をしているのですが、解りにくい
ものばかりで困っております。

御社にて知見がございましたらどのようなことでも
結構でございますのでお教えくださいませ。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

空気中で加熱すると酸化されて「酸化クロム」を生じ
るようになります。

800℃以上になりますと、酸化クロムの生成が顕著に
なります。

一方で、めっきの密着性は600℃に加熱されても影響
されません。

熱処理と疲労強度の関係は以下のようになります。


鉄素地のまま・・・73,000p.s.i
クロムめっき・・・57,000p.s.i
クロムめっき(400℃、45分加熱)・・・72,000p.s.i
再めっき・・・50,500p.s.i
再めっき(加熱)・・・69,500psi

★硬質クロムめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP