めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

めっき仕様に関する質問に関するお問合せ

不動態化処理は、硝酸を使う場合、何%の溶液を使うのですか。

不動態化処理は、硝酸を使う場合、何%の溶液を使う
のですか。

10%では不動態はできますか?

一般的には、30%ぐらいの濃度で処理します。
10%の場合ですと、完全な皮膜にならないかもしれません。

フェライト系ですと、10%の濃度でも、素材が痛むと
思います。フェライト系には、専用の溶剤を使用したほう
が無難です。

オーステナイト系ですと10%の濃度では、皮膜が生成
できないと思います。

一般的な濃度は、30%としましたが以下の条件により
10%(オーステナイト系)でも可能性があります。
ビーカーテストを行なってみてください。

1.電解研磨した製品である。
2.浸漬時間を長くした(一般的には1時間程度)
3.処理温度を上げた(一般的には常温)
  あまり温度を上げすぎると変色します。50℃ぐらいで
 いいと思います。

10%の濃度で皮膜が生成出来たかどうかの確認方法は
正直、目視で判断できません。
専用の測定装置(電位差mVを測定)を用いませんと正確
な値は出ません。

以上、参考になっているかどうか心配ですが
宜しくお願いいたします。

▼お問合せのページは、こちらから。


キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP