めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

HCRF処理に関するお問合せ

無電解ニッケルメッキ皮膜の耐酸と耐アルカリについて。

無電解ニッケルメッキ加工処理処理は、

 耐酸(PH3)〜耐アルカリ(PH7)

ぐらいまで使用出来るでしょうか、又他に良い表面処理が、
ありましたら教えて下さい。

使用的環境がかなり厳しい状況ですので、どのような
メッキ加工処理が良いのか悩んでおります。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。


ご使用の環境とご使用になられます「薬剤」にて
異なりますが、アルカリの領域であれば、無電解
ニッケルメッキは使用出来ます。

ただし、pH7の純水の領域ですと不安定ですので
黒く変色する可能性がございます。

代替えの処理としまして、弊社では「HCRF処理」
というものがございます。

こちらであれば、耐酸、耐アルカリにも有効です。

一度、試作品(有償)にて試験評価されることを
お奨めいたします。


★無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。
▼HCRF処理はこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP