めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

無電解ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

無電解ニッケルメッキ加工後のナシジ処理でメッキが剥離する。

プレス品を焼きなまし後バフ加工を施し無電解ニッケル
メッキ加工後に、ナシジ処理加工を行ったら一部分に剥がれや
膨れが発生しました。

剥がれや膨れの原因は何でしょうか?

無電解ニッケルメッキ加工処理後にナシジ処理をするのは
問題があるのでしょうか?

以上、宜しくお願い申し上げます。

以下の原因が考えられます。

 1.無電解ニッケルめっきの皮膜が薄い。
 2.ナシジ処理の方法(メディアや圧力など)が
   適正ではない。(圧力等が強いのではないでしょ
   うか?)

基本的に無電解ニッケルメッキ加工処理後にナシジ処理
を実施するのは、膜厚にも関連しますが、剥がれや膨れ
が発生しやすくなります。

これは、皮膜硬度が低いためでもあります。

もし可能であれば、ナシジ処理後に無電解ニッケルメッキ加工処理
を行うか、めっき加工処理を硬質クロムめっき加工処理に
変更されることをお奨めいたします。


★無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。
★ナシジ加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。


キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP