めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

亜鉛メッキ加工に関するお問合せ

亜鉛メッキ加工のユニクロの膜厚管理とは。

亜鉛メッキ加工のユニクロの膜厚のばらつきはどれくらい
でしょうか?

膜厚管理は可能でしょうか?

下地が亜鉛メッキ加工でございますので、亜鉛メッキ
にて膜厚管理をされるのでしょうか?

以上、宜しくお願い申し上げます。

基本的には、亜鉛メッキ加工後のユニクロ処理に
なります。

よって、ユニクロ(光沢クロメート)の厚みを管理
することは、困難で、亜鉛メッキ加工の厚みを管理
することになります。

その場合、形状や大きさ、材質によってことなります。
基本的に電気メッキですので、鋭利な部分には、メッキが
厚く、大きな製品の場合には、中心部のメッキが薄くなる
傾向にございます。

膜厚管理に関しましては製品形状次第となります。
また、御社が求める公差およびメッキ厚によって関係
してまいります。

あまりにも公差が厳しい製品は、無電解ニッケルめっき
のような電気を使用しないめっきがお薦めでございます。

★亜鉛メッキ加工のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP