めっきQ&A


電磁鋼板へのめっき。

電磁鋼板にめっきしたところ、ピンホールが多く発生
しました。
酸処理の酸を強くすればするほど、ピンホールが多く
発生しました。

塩酸、硫酸による酸処理を行いましたが、改善されませ
んでした。

ピンホールが多く、フェロキシル試験でもピンホール
が確認された。

下記にて文献からの抜粋を記載いたします。

磁気特性の優れた電磁鋼板には、シリカが1〜4%含まれ
おり、ケイ素鋼板とも呼ばれる。

ケイ素は、硫酸、塩酸のような普通の酸では溶解
せず、表面層のケイ素にめっきが析出しないので、
ピンホールになる場合が多い。

硫酸にフッ酸のようなフッ化物を添加すると、密着性
が良く、ピンホールが生じにくい。

参考文献 めっきのトラブルシューティング 
     日刊工業新聞社

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP