めっきQ&A


黄銅上のスズめっき加工処理の密着不良。

黄銅素材上にストライク銅めっきして、スズめっきを
しております。

時々ストライク銅めっきとスズめっきとの間で密着不良
が生じます。

前処理不良ではないかと言われてますが、前処理不良の
場合、ストライク銅も密着しないと思いますが、その
原因と対策を教えてください。


下記にて文献からの抜粋した内容を記載します。


前処理の脱脂が不十分なために生じたものと思われる。
一般にシアン化銅めっきは脱脂が不十分でも析出する
が、脱脂が不十分であるとシアン化銅銅浴に遊離した
油が析出した銅の上にのることになり、スズめっきが
密着しなくなる。

したがって、脱脂工程の見直しが必要である。

特に、連続めっきラインでは脱脂に掛ける時間が短い
ことと、脱脂浴が小さいにもかかわらず、処理量が
多いため、脱脂浴に過負荷が掛かり、老化している
場合が多い。

脱脂浴の管理と脱脂浴上の浮上油の除去を行うべき
である。

また、銅めっきとスズめっきの間に少しでも油が
介在すると(めっきの密着性に影響しない程度)、
はんだ付け性が低下するので、はんだ付けを行うもの
は、より十分な脱脂が必要である。

最近、連続めっきの素材の溶剤脱脂が制限されるた
めに、このような事例が多く出ている。めっきの基本
である脱脂工程の再点検を勧めたい。

参考文献 めっきのトラブルシューティング 
     日刊工業新聞社

▼お問合せのページは、こちらから。


キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP