めっきQ&A


夏季に不良率の高いジンケート処理。

アルミニウム上にジンケート処理をして、ニッケル
めっき後スズめっきしてます。

冬季にはあまり問題ないのですが、夏季に不良が多発
します。

原因と対策があれば教えてください。

下記にて文献から抜粋した内容を記載します。


ジンケート処理はアルミニウム上への置換めっきであり
化学反応を利用してめっきしている。したがって、
温度の影響を受けやすい。

一般にめっき条件は室温、あるいは常温と表記されて
いる場合があるが、夏季と冬季では温度差が10℃以上
ある。

化学反応で温度差が10℃以上ある。化学反応で10℃
上昇すると反応速度が倍になる。温度が上昇すると
置換皮膜が暑く、析出粒子も粗くなり、密着性が悪く
なり。

緻密な置換皮膜を得るためには、ジンケート浴の温度
管理が重要である。

対策としては、ジンケート処理の温度は、年間を通じて
18〜20℃で保ち、緻密な置換めっきを得ることが必要
である。

参考文献 めっきのトラブルシューティング 
     日刊工業新聞社

▼お問合せのページは、こちらから。


キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP