めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

ニッケルめっきのバイポーラにより不良について。

半光沢ニッケルめっき加工処理上の光沢ニッケルめっき加工処理で、
ニッケル間の層間剥離が生じました。

バイポーラ防止の通電バーに火花が出ているときに、
この層間剥離が多いように思われます。

何が原因でしょうか?

以上、宜しくお願い申し上げます。


下記にて文献より抜粋した内容を記載します。


ニッケルめっき皮膜に生成する酸化皮膜は、その上に
めっきが付くが剥がれやすいという厄介な性質である
ため、密着不良、層間剥離の問題などが多く起こる。

その大乗的な不良は「バイポーラ現象」による密着
不良である。
これは既にめっきされている製品が槽中にあり、次
の製品を通電しないでめっきすると、新たに投入した
製品の陰極側に近い部分が陽極的になり、表面に不動態
膜が生成して、その上のニッケルめっきが、めっきを
析出するが剥がれやすい皮膜になる。

バイポーラ防止の通電バーが設置されているが、不良が
出るバイポーラ防止のバーが不導体化しているためで
ある。

導電性グリスなどの使用により、通電を確実に行わな
いと密着不良が起こりやすい。


参考文献 めっきのトラブルシューティング 
     日刊工業新聞社

★ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP