めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

バレルめっきの硝酸根の持ち込みについて。

バレルめっきで、黄銅上にニッケルめっき加工処理をしてます。
キリンス処理して、ニッケルめっき加工処理してますが、
しばらくすると、めっき面に黒い条痕が生じます。

活性炭濾過をしても、弱電解しても良くなりません。

何が原因でしょうか?

以上、宜しくお願い申し上げます。


下記にて文献からの抜粋した内容を記載します。


黄銅上にキリンス処理してニッケルめっきする場合に
生じる典型的な不良である。
キリンス処理には、硝酸、硫酸、塩酸の混酸が用いら
れる。

鏡面光沢が得られる化学研磨液であるが、液中に多量の
硝酸根が含まれている。この硝酸根がニッケルめっき
液中に持ち込まれ、上記のような不良が生じたものと
考えられる。

ニッケルめっき浴中の硝酸根は、+0.7Vで還元されるため
に、ニッケル表面に黒い条痕が生じる。ニッケルめっき
浴中の硝酸根は除去しにくいので、キリンス処理後の水洗
を十分に行うか、化学研磨液を硫酸+過酸化水素に代える
と良い。

過酸化水素もニッケルめっき浴に持ち込まれるとよくな
いが、硝酸根より処理しやすい。


参考文献 めっきのトラブルシューティング 
     日刊工業新聞社

★ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP