めっきQ&A


▼ニッケルめっき処理で補助極使用による不良について。

ニッケルめっき処理で、凹部に均一に析出させるために、
補助極を使用しています。

そのため、ピットとザラが生じやすくなるのですが、
何が原因でしょうか?

補助極が影響している可能性が高いでしょうか?

以上、宜しくお願い申し上げます。


下記にて文献からの抜粋を記載いたします。


ニッケルめっきで補助極を使用するとpHが下がりやすく
なる。そのため、ピットが生成する。
pH3.8以下になるとピットが生成しやすくなる。

その対策として、pHを上昇させるために、炭酸ニッケル
を加えると炭酸ニッケルが溶解しにくいので、めっき
浴中に粒子が浮遊してザラが生じやすくなる。

ニッケルめっき浴をオーバーフローさせ、別槽でpH
調整をして、本槽に戻すようにするとよい。

なお、補助極を使用すると、微量の塩素ガスが生じて、
アノードバッグが傷みやすくなるので、早めに交換する
必要がある。


参考文献 めっきのトラブルシューティング 
     日刊工業新聞社

★ニッケルめっき処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP