めっきQ&A


ニッケルめっき間で回収槽を儲けたが剥離する原因は?

光沢ニッケルめっき処理の濃度が半光沢ニッケルめっき処理
の持ち込みにより濃くなってきます。

対策として、半光沢ニッケル槽と光沢ニッケル槽の間
に回収槽を設けました。

ところが、しばらくすると半光沢ニッケルめっきと
光沢ニッケルめっき間で層間剥離が生じました。

下記にて文献からの抜粋を記載します。


半光沢ニッケルめっき浴と光沢ニッケルめっき浴の
間だに回収槽を設置すると回収槽のpHga上昇し、
ニッケルが水酸化ニッケルとなり、半光沢ニッケル
と光沢ニッケルの間の層間剥離が生じる、

少し硫酸酸性にして(pH1くらい)、できれば
濾過器を設置する方がいい。

ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP