めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

装飾クロムめっき加工処理に関するお問合せ

低い電流密度のところに装飾クロム加工処理が析出しない。

光沢ニッケルめっき加工処理上にクロムめっき加工処理
を行っているが低い電流密度部にクロムめっき加工処理
が析出しません。

光沢ニッケルめっき加工処理の光沢剤が過剰の場合に
顕著に出て来ます。

何が原因と考えれば宜しいでしょうか?

以上、宜しくお願い申し上げます。

下記にて文献より抜粋した内容を記載します。


低い電流密度部にめっきが析出しないということは
ニッケルめっきに問題がある場合とクロムめっきに
問題がある場合がある。

クロムめっきに問題がある場合は、

①硫酸根が多すぎる。
②三価クロムが多すぎる場合に多い。

ニッケルめっき後クロムめっきすることから、めっき
浴中に硫酸根が持ち込みやすい。クロムめっき浴中の
三価クロムが多くなると、良好なクロムめっきが析出
する電流密度が狭くなる。

一方、ニッケルめっきに問題がある場合は、

③ニッケルめっきにおけるバイポーラ不良。
④ニッケルめっき後の放置時間が長い。
⑤ニッケルめっき後の水洗水の汚れ。
⑥ニッケルめっき浴の光沢剤の過剰。
⑦ニッケルめっき浴中の光沢剤の分解生成物が蓄積
 している。

などの原因で起こりやすい。

①の対策として、硫酸根の除去は、硫酸バリウムとして
沈殿させる(硫酸1gを除去するためには炭酸バリウム
2g必要である)。
③④⑤の不良をなくすためには、ニッケルめっき後
4%くらいの無水クロム酸溶液に浸漬する。
⑦の不良をなくすためには、ニッケルめっき浴を活性炭
処理する。

クロムめっきが付き回らないことから、クロムめっきに
問題があるように思いがちであるが、ニッケルめっきに
問題がある場合の方が多い。


参考文献 めっきのトラブルシューティング 
     日刊工業新聞社

★装飾クロムめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。


キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP