めっきQ&A


ニッケルめっき上にクロムメッキが析出しないのは?

ニッケルめっき上にクロムメッキを行ってますが
低い電流密度部にクロムメッキが析出しません。

ニッケルめっきの光沢剤が過剰の場合に顕著に出て来ます。


低い電流密度部にめっきが析出しないということは
ニッケルめっきに問題がある場合とクロムメッキに
問題がある場合があります。

クロムメッキに問題がある場合は、

①硫酸根が多すぎる
②三価クロムが多すぎる場合

ニッケルめっき後クロムメッキすることから、めっき浴中に
硫酸根が持ち込みやすくなります。
クロムメッキ浴中の三価クロムが多くなると、良好なクロムメッキ
が析出するための電流密度の範囲が狭くなります。

一方、ニッケルめっきに問題がある場合は、

③ニッケルめっきにおけるバイポーラ不良
④ニッケルめっき後の放置時間が長い
⑤ニッケルめっき後の水洗水の汚れ
⑥ニッケルめっき浴の光沢剤の過剰
⑦ニッケルめっき浴中の光沢剤の分解生成物が蓄積
 している

などの原因で発生します。

①の対策として、硫酸根の除去は、硫酸バリウムとして
沈殿させます。
硫酸1gを除去するためには炭酸バリウム2g必要です。

③④⑤の不良をなくすためには、ニッケルめっき後
4%ぐらいの無水クロム酸溶液に浸漬する。
⑦の不良をなくすためには、ニッケルめっき浴を活性炭
処理する方法になりますが、現実的ではございません。

クロムメッキが析出しないことからクロムメッキ工程に
問題があるように考えがちですが、ニッケルめっきに問題がある
場合の方が多いです。

クロムメッキのページはこちらか
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP