めっきQ&A


亜鉛メッキ加工の皮膜とSUS材の接触による電気腐食

亜鉛メッキ加工してある鉄架台にSUS304の部品をボルト
留めした場合(異種金属接触)、電気腐食等の問題は起こり
ますか?

弊社の事例で、電気腐食が発生した事例がございまして
何か解決策がないかと考えております。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

発生いたします。
対策としては、
 
 1.素材金属をそろえる
 2.メッキ加工処理をそろえる
 3.接合させてすべてを樹脂コーティングする

などがございます。

最適な方法は、2.のメッキ加工処理をどちらにも
施すのが最適でございます。

ニッケルめっきなどが宜しいかと思います。

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP