めっきQ&A


鋳鉄上の硬質クロムめっきで陽極エッチング時間を長くするとめっきが付きにくい原因は?

鋳鉄を陽極処理しますとめっきの付き回りが非常に
悪くなります。

これは素材の表面がエッチングされることにより、
カーボンが露出するからである。

したがって、水素過電圧が小さくなり、水素の発生
が促進され、硬質クロムめっきが付きにくくなります。

鋳鉄の材質にもよるが、できるだけエッチング時間
を短くし、素材によっては陽極酸化せずに初期に通常
の2倍程度の高い電流密度で、ストライクめっきする
方法が良いです。

梨地処理を用いて機械的に凹凸を付け、密着性を向上
させる方法もあります。

硬質クロムめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP