めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

装飾クロムめっき加工処理に関するお問合せ

アルミニウム上のクロムめっき加工処理について。

アルミニウム上にジンケート処理してクロムめっきを
行っているが、銅製の通電治具あたりが密着不良に
なります。

また、ジンケート処理した皮膜を乾燥させると密着
不良になる場合が多いです。

原因と対策について教えてください。

以上、宜しくお願い申し上げます。

下記にて文献から抜粋した内容を記載いたします。


治具に銅のような他の金属を用いると、アルミニウム
ち銅の局部電池反応で、その近辺の亜鉛の置換反応が
速くなり、治具近辺が密着不良になりやすい。

対策としては、置換速度を遅くするために亜鉛置換液
の温度を20℃以下にするとよい。
ジンケート処理した皮膜が乾燥すると密着不良が出や
すいので、治具を予めセットしておく方がよい。
そのときには、上述の問題が生じるので、ジンケート
処理の温度を下げるようにするとよい。


参考文献 めっきのトラブルシューティング 
     日刊工業新聞社


★装飾クロムめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP