めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

無電解ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

無電解ニッケルめっき加工処理の皮膜の割れとは。

無電解ニッケル浴の安定剤を従来の鉛から、ビスマスタイプに変更しました。

ターン数が増えると、めっき皮膜が割れ始めます。

何が原因でしょうか?

下記にて文献から抜粋した内容を記載します。


無電解ニッケルめっきは従来、安定剤として鉛を
用いた。鉛を安定剤に用いた浴は安定性が良く、
ターン数が増えても割れない。

しかし、ビスマスを安定剤に用いた無電解ニッケルは、
ターン数が増えると引張り応力となり、めっき皮膜が
割れやすい。

参考文献 めっきのトラブルシューティング 
     日刊工業新聞社


★無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP