めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

無電解ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

鋳物への無電解ニッケルめっき後に巣穴に黒い染みの発生する場合とは。

焼結合金や鋳鉄など、巣穴の多い素材に無電解ニッケルめっき加工処理
を行うと、巣穴や孔の周りが黒い染みになってめっきが析出します。

何が原因なのでしょうか?

やはり、素材的な要因が強いのでしょうか?

近くのめっき加工処理業者にも確認しましたが素材の要因が
影響していると言われました。

以上、宜しくお願い申し上げます。

下記にて、文献から抜粋した内容を記載します。


焼結合金や鋳鉄などに生じやすい不良である。工程の
最初に脱脂浴に浸漬する。そのため、アルカリ性脱脂液
が孔の中に入り込み、水洗しても残留しやすく、高温
の無電解ニッケルめっき液中でこれらが浸出し、黒い
染みが生じる。

対策としては、工程の最初に品物を湯(約50℃)に
浸漬して、次に浸漬脱脂に浸漬する。穴野中にお湯を
先に入れておくと、アルカリ脱脂液と置き換わらない。
無電解ニッケルめっき浴中で染み出してきても不良に
ならない。


参考文献 めっきのトラブルシューティング 
     日刊工業新聞社

★無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。


キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP