めっきQ&A


焼結合金や鋳鉄などへ無電解ニッケルめっきをすると黒い染みの発生する原因は?

焼結合金や鋳鉄など、巣穴の多い素材に無電解ニッケルめっき処理
を行うと、巣穴や孔の周りが黒い染みになってめっきが析出します。

何が原因なのでしょうか?

やはり、素材的な要因が強いのでしょうか?


焼結合金や鋳鉄などに生じやすい不良です。

めっき工程の最初に脱脂浴に浸漬するため、アルカリ性脱脂液
が素材の巣穴の中に入り込み、水洗しても残留します。

高温の無電解ニッケルめっき液中でこれら染み出し出、
黒い染みが発生します。

対策としては、工程の最初に品物を約50℃程度の綺麗な
お湯に浸漬して、次に浸漬脱脂を行います。

巣穴中や穴の部分ににお湯を先に入れておくと、アルカリ脱脂液と
置き換わりません。
無電解ニッケルめっき浴中で染み出してきても不良に
なることは軽減することが出来ます。

無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP