めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

無電解ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

ケイ素含有鉄素材への無電解ニッケルめっき加工処理の密着不良とは。

ケイ素含有量の多い鉄素材(電磁鋼板)で、無電解ニッケル
加工処理後の折り曲げ、またはハンマーショックテストで、
めっき膜の剥離を生ずることがあります。

何が原因でしょうか?

やはり、負荷が強いためでしょうか?
すべてのめっき加工処理ではないのですが、たまに
発生することがございます。

下記にて文献からの抜粋した内容を記載します。


ケイ素鋼板の場合、フッ化物含有の活性酸を用いても
素材により濃度・時間の範囲が狭い。

決定的な対策はないが、フッ化物含有活性化液と
超音波発生装置を併用し、さらに無電解ニッケル
めっき液を、析出めっき皮膜の応力の小さいものを
選定することによって解決出来た場合もある。


参考文献 めっきのトラブルシューティング 
     日刊工業新聞社

★無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP