めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

無電解ニッケルめっき処理に関するお問合せ

▼ケイ素含有鉄素材への無電解ニッケルめっき処理の密着不良とは。

ケイ素含有量の多い鉄素材(電磁鋼板)で、無電解ニッケルめっき処理後
の折り曲げ、またはハンマーショックテストで、めっき膜の剥離を生ずる
ことがあります。

何が原因でしょうか?

やはり、負荷が強いためでしょうか?
すべてのめっき加工処理ではないのですが、たまに
発生することがございます。

下記にて文献からの抜粋した内容を記載します。


ケイ素鋼板の場合、フッ化物含有の活性酸を用いても
素材により濃度・時間の範囲が狭い。

決定的な対策はないが、フッ化物含有活性化液と
超音波発生装置を併用し、さらに無電解ニッケル
めっき液を、析出めっき皮膜の応力の小さいものを
選定することによって解決出来た場合もある。


参考文献 めっきのトラブルシューティング 
     日刊工業新聞社

★無電解ニッケルめっき処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP