めっきQ&A


クロムーモリブデン鋼素材上での部分的密着不良の原因は?

クロムーモリブデン鋼上への無電解ニッケルめっき
では、通常の

 浸漬脱脂→電解脱脂→酸活性化

の前処理では、部分的密着不良が発生することが
多いのです。

一般に、無電解ニッケルめっき前の活性化には、10%くらい
の濃度の硫酸が多く用いられています。

硫酸で活性化した後、水洗しますが、そのときに不動態化
しやすくなります。

対策としては、ウッドニッケルストライクめっきすると
いいのですが、ウッド浴がない場合には、硫酸で活性化した後
水洗なしで無電解ニッケルめっきを行う改善されます。

この場合、めっき液のpHの低下が速いので、その管理は
十分に行うことが必要なります。

上記を実施すれば密着不良は防止出来ます。

無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP