めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

めっき処理のご相談に関するお問合せ

光沢ニッケルめっき上の金めっきの耐食性とは。

黄銅素材上に、光沢ニッケルめっきを行い、その上に
金めっきを0.01〜0.03μm施しています。

塩水噴霧試験をすると、塩水噴霧時間24時間で接触抵抗
が大きくなると得意先から言われました、

黄銅上に光沢ニッケルめっきした製品よりも緑色の腐食が
出やすいのですが、何が原因でしょうか?

下記にて文献からの抜粋した内容を記載します。


光沢ニッケルめっき上の金めっきを塩水噴霧試験をする
と、24時間でピンホールを通じて緑色の腐食を生成
させる。

一方、黄銅上にニッケルめっきした製品は、塩水噴霧
24時間でも緑色でも緑色の腐食が生じない。

これは、金とニッケルの電位差で局部電池反応により、
ニッケルの腐食が促進されるからである。

ニッケルめっきでも、

光沢ニッケル>半光沢ニッケル>無光沢ニッケル
>無電解ニッケル

の順で電位の差が大きくなる。したがって、金と電位
の小さいパラジウムめっきをニッケルめっき上に行う
ことにより、耐食性を向上させることができる。

金めっきの厚さを増すより、下地めっきを検討する方
が効果的である。


参考文献 めっきのトラブルシューティング 
     日刊工業新聞社

▼お問合せのページは、こちらから。


キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP