めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

めっき処理のご相談に関するお問合せ

金めっきの光沢不良とかぶりとは。

酸性金めっき浴で金めっきを行っています。
光沢不良とかぶりが出て、外観が安定しません。
何が原因でしょうか?

お解りの範囲で結構でございますので何か知見が
ございましたらお教えくださいませ。

以上、宜しくお願い申し上げます。


下記にて文献より抜粋した内容を記載します。


金めっき後の光沢不良には、下地の光沢不良、金濃度
の不足、電流密度の過大、光沢剤の不足、浴温度が高い
pHの高過ぎ、不純物の蓄積など影響する因子が多い。

浴温度が高すぎると曇りが発生して、低すぎるとかぶ
りやすい。

pHは、酸性浴では3〜5であり、高すぎると光沢不良や
かぶりが出やすい。

不純物は、鉛イオンと銅イオンが最も光沢に影響する。
鉛イオンは数ppm、銅イオンは数十ppmで光沢不良と
なる。


参考文献 めっきのトラブルシューティング 
     日刊工業新聞社

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP