めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

めっき処理のご相談に関するお問合せ

金めっきの光沢不良とかぶりとは。

酸性金めっき浴で金めっきを行っています。
光沢不良とかぶりが出て、外観が安定しません。
何が原因でしょうか?

下記にて文献より抜粋した内容を記載します。


金めっき後の光沢不良には、下地の光沢不良、金濃度
の不足、電流密度の過大、光沢剤の不足、浴温度が高い
pHの高過ぎ、不純物の蓄積など影響する因子が多い。

浴温度が高すぎると曇りが発生して、低すぎるとかぶ
りやすい。

pHは、酸性浴では3〜5であり、高すぎると光沢不良や
かぶりが出やすい。

不純物は、鉛イオンと銅イオンが最も光沢に影響する。
鉛イオンは数ppm、銅イオンは数十ppmで光沢不良と
なる。


参考文献 めっきのトラブルシューティング 
     日刊工業新聞社

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP