めっきQ&A


水素脆性を防ぐためのアルカリ性除錆方法。

水素脆性を防ぐためのアルカリ性除錆方法にはどのよう
なものがありますか?

下記にて文献からの抜粋した内容を記載します。


水素脆性を防ぐ方法の1つとしてアルカリ性除錆方法
が使用されている。アルカリ性除錆と酸性除錆を比較
してみると、アルカリ性除錆の長所は、

①アルカリ性のため有害物質の発生がない。
②酸性のようなオーバーピックリングの心配がない。
③水素の発生がきわめて少ないので水素脆性の心配が
 ない。
④塗膜の汚れや錆が共存するような場合でも双方が容易
 に除去出来る。
⑤除錆処理後の水洗、中和が簡単である。

などであるが次のような欠点もある。

①一般的に処理時間が長い。
②一般的に処理温度が高い。
③素地を侵さない代わりに微視的凹所に存在する錆が除去
 しにくい。

錆、黒皮はアルカリには安定であるからこれを溶解させる
ためには錯塩化をはからなければならない。

参考文献 表面処理対策Q&A1000 
     産業技術サービスセンター

▼お問合せのページは、こちらから。


キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP