めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

めっき処理のご相談に関するお問合せ

潮風のかかる場所での耐食性のあるめっき処理について。

潮風のかかる場所での耐食性のあるめっき処理について教えて
頂きたいのですが、通常の亜鉛めっき加工処理では
問題があるでしょうか?

もし、問題がある場合には、どのようなめっき加工処理
が宜しいでしょうか?

以上、宜しくお願い申し上げます。


下記にて文献からの抜粋した内容を記載します。


表記の海塩粒子よる腐食環境下において

 「耐食性のあるめっき」

としては、

①Fe素地へのZnやALめっき代表される犠牲防食(電気
化学的に貴な素地金属の上により卑な金属をめっきする)
型の防食めっき。

②Fe素地へのNiやCrめっきに代表されるバリヤー
(電気化学的に卑な素地金属の上により貴な金属を
めっきする)型の耐食性めっき。

がある。

防食めっきの大きな特徴は、めっき皮膜中に鉄素地に
達する引っかき傷やクラックが存在していても、めっき
層が溶解してなくなるまでFe素地は防食され、その防食
性能はめっき膜厚に比例して増加することである。

例えば、約57μm膜厚の溶融亜鉛めっきの海岸地帯での
推定耐用年数(めっき皮膜の99%が溶解するまでの期間)
は33年、約85μm膜厚で50年と試算されている、

最近、高い防食性能が要求される部品には、電気めっき
ではクロメート処理されたZn-NiやZn-Fe合金めっきが、
また溶融めっきでは合金化Zn、Znー55%Al合金および
Alめっきが実用化されている。

D.J.Blickwedsらは、海岸近くで大気暴露試験を行い
Al>Zn-55%Al合金>Znの順に防食性が優れていると
報告している。

一方、耐食性めっきとしては、めっき皮膜自体の耐食性
が優れているNi、CrやNi-p合金めっきがあるが、めっき
皮膜にピンホールや割れ等の欠陥が形成されると、欠陥
部を通して鉄素地が局部アノードとなって選択的に溶解
し、錆の発生の危険が大きいので、単層めっきではなく
犠牲防食原理に基づく、高耐食性の二層Ni-Crめっき、
三層Ni-Crめっきとして利用されている。


参考文献 表面処理対策Q&A1000 
     産業技術サービスセンター

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP