めっきQ&A


亜鉛合金めっき

亜鉛合金めっきとは。


自動車部品へのめっきを中心に自動車のいわゆる防錆
基準である10-5-2-1(孔あき錆なし10年、表面錆なし5年
エンジンルーム内錆なし2年、床裏錆なし1年)をクリア
するために開発され実用化されたのが、高耐食性亜鉛
合金めっきである。

例えば、Sn-Zn,Zn-Ni,Zn-Fe合金めっきなど、亜鉛めっき
の耐食性を飛躍的に向上させた。その防錆の機構の考え方
としては、従来の亜鉛めっきが、単に鉄と亜鉛の電位の差
による犠牲防食作用と、亜鉛の腐食をクロメート皮膜で
防食することがあったのに対し、

①亜鉛との合金化により鉄と亜鉛合金めっき皮膜との電
位の差を近づけ腐食の進行を抑制する。

②亜鉛合金めっき皮膜が腐食することでクラック等を生じ
させ腐食電池を分散させる。

③不動態皮膜を形成させる等の工夫がなされ、亜鉛めっき
の高耐食性化が実現した。

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP