めっきQ&A


屋外で使用する場合のクロムメッキ仕様について

屋外で使用する製品にクロムメッキをしたいのですが、
めっきの仕様をどのように決めたらよいですか?

どのような部分を重視してめっきを選択すれば宜しい
でしょうか?

耐食性などと色々考えております。


めっき加工の発注受注の際に、その目的に見合った
めっきの種類や厚さなどと、加工コストを加味した仕様
の選択、取り決めが最も重要である。

屋外に限らず装飾、防食の目的でニッケルクロム系の
めっきを行う場合の仕様の選択の手法は、JIS H 8617
「ニッケル及びニッケルークロムめっき」を参考にする
のがよい。

JISを参考にした仕様の選択の手順は、製品が使用される
環境を想定し、使用環境別のランクより耐食性試験条件
の表から逆にめっきの等級厚さを読み取る方法で、仕様
選択の目安とすることができる。

①使用環境によってめっきの厚さや種類が大きく異なる。

②素材の腐食性により下地めっきの厚さが異なっている
(鉄鋼より亜鉛合金素地で下地めっき厚さが厚い)、

③特殊なクロムめっき法を採用した場合は、下地めっき
厚さを薄くしてもよい。

などの考え方が読み取れる。

クロムメッキのページはこちらか
お問合せのページはこちらから

                                       

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP