めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

めっき処理のご相談に関するお問合せ

潤滑性を付与するめっき法とは。

材料の表面に潤滑性を付与するめっき法にはどのよう
な方法がありますか?

また、特殊な手法を用いた市販のプロセスも紹介して
くださいませ。

お解りの範囲で結構ですので宜しくお願い申し上げます。

下記にて文献からの抜粋した内容を記載します。


シリンダやピストンリング、軸受け、シャフトなどの
機械部品に潤滑性を付与する方法としてめっき加工が
利用されている。めっき加工により潤滑性を付与する
方法としては、

①皮膜の保油性を高める。
②表面の摩擦係数を低くする。
③なじみ性をよくする。

などの機構によるもので、主なめっき法を以下に示す。

(1)ポーラスクロムめっき
シリンダライナーのように潤滑油を使用する環境下では、
保油性を高めたポーラスな工業用クロムめっきが使用
される。

(2)鉛合金めっき
軸受けのなじみ性を良くするのに、鉛ーすず、鉛ーすずー
アンチモン、鉛ーインジウム合金などの特殊なめっきが
使用される。

(3)銀めっき
初期のなじみ性、潤滑性を改善する目的で、内燃機関の
ピストンリング、ピストン表面にすずめっき、銀軸受け
での銀の厚付けめっきなども行われている。

(4)複合めっき(分散めっき)
めっき浴中に潤滑性能を持つ固体微粒子を分散させて
めっきすることにより皮膜中に微粒子を共析させた
複合めっき法は、潤滑性による耐摩耗性の向上や離型性
の改善などに利用されている。
実用例としては、ふっ素系樹脂、ふっ化系黒鉛、二硫化
モリブデンなどのニッケル複合めっきがある。

(5)複合処理皮膜
めっき皮膜を多孔質化し、次に、その孔にふっ素系樹脂
を固定化する処理を行って潤滑皮膜を得る複合処理皮膜
が商品化されている。

①ニダックス処理(P-in処理)
被処理物をショットブラストし、樹脂を含浸しやすい
ような無電解ニッケルめっきを行う。次にPTFEを多孔質
化した無電解ニッケルめっき皮膜中に含浸させ、300〜
400℃で熱処理を行い樹脂を焼成させる方法。

②タフラム処理(テフロン硬質アルマイト)
アルマイト皮膜の孔にPTFEを含浸させる方法をタフラム
処理という。

③テフロック処理
クロムめっきのクラックを溶解拡大処理してポーラスクロ
ムめっきとし、加熱して更に孔を拡大させ、その中へ冷却
により収縮せしめた粒径0.5〜3μmのPTFEを機械的に含浸
封入しPTFEを固定化する処理法である。

なお、これらの処理法は、潤滑性のみならず、非粘着性、
撥水性、耐食性にも優れ、先の用途以外に、スクリュー、
ニップルの成形金型、ボールバルブ、のこぎりの刃、
クッキー型、ラミネート加工のロールなど様々な用途に
利用されている。

参考文献 表面処理対策Q&A1000 
     産業技術サービスセンター


★テフロン無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。
★テフロン硬質アルマイト処理のページはこちらから。
★P-in処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP