めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

めっき処理のご相談に関するお問合せ

めっき加工処理の簡単な判別方法とは。

各種のめっき部品では、通販で取り扱うものが多く
あります。

PL法などの関係から、めっきについて調べておく
必要があります。

簡単な判別方法などがあったら教えてください。

以上、宜しくお願い申し上げます。

下記にて文献からの抜粋した内容を記載します。


めっき判別は、蛍光X線分光分析装置などの装置を用い
なければ確定出来ない。
簡単な方法ではある程度の類推ができる程度と考えて
よい。

めっきにはいろいろな金属及び合金めっきが実用されて
いるが、工業部品を除いた場合、最終表面に使用される
めっきの種類は比較的限られている。

装飾的に用いられるは、クロム、黒色クロム、金、金色
銀、ロジウム、すずーニッケル合金、すずーコバルト合金
などでその他、古美処理、化成処理などがある。

金色をしているのは金めっきか金色めっきである。
金色めっきは代用金と呼ばれる、錫ー銅ー亜鉛の合金、
真鍮と呼ばれる銅ー亜鉛合金、銅ー錫、銅ーニッケル合金
が用いられている。

これらを判別するには分析によらなければならないが、
金以外は腐食や変色が起こりやすいので樹脂などでコー
ティングされていることが多い。一般にはコーティング
されているものは金めっきではないことが多い。

黒色をしているめっきの大部分は、亜鉛の黒色クロメート
か黒色クロムと考えられる。

黒色クロムは漆黒調の黒色が得られる。黒色クロメートは
内装品に用いられ、よく観察するとわずかな「虹彩色」が
見られることが多いようで干渉色とも言われ、洋傘の骨
などにも利用されている。
その他の黒色ニッケルは被膜が弱いので外装に用いないか
コーティングが施されている。

銀は柔らかく、指紋や食塩など塩素にふれたものを陽にさら
すと異変しやすい。ライターなど高級装飾品では銀の上に
薄いロジウムをめっきして変色防止することもあるが外観
だけで見分けるのは難しい。

黄色から赤に至る虹彩色をもったものは亜鉛めっきに有色
クロメート処理を施したものと考えてよい。

亜鉛のクロメートで光沢クロメートまたはユニクロと呼ば
れるものがあり、他のめっきやクロメートの有無を判別す
る方法としてジフェニルカルバジドを用いる方法がある。

上記以外で落ち着いた金属鏡面光沢を持ったものは大体
クロムめっきと考えて良いが、断定するには専門家の判断
を仰ぐか、分析を行うべきである。


参考文献 表面処理対策Q&A1000 
     産業技術サービスセンター

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP