めっきQ&A


電気亜鉛めっき後の三価黒色クロメートの電気抵抗について

三価のクロメート皮膜Cr(OH)4は化合物なので、
抵抗を持っており、薄膜(ユニクロなど)処理の場合は
抵抗が影響を及ぼさないが、厚膜になるにつれて、
クロメートの抵抗が影響します。

下記にてクロメート種類の種類抵抗値を記載します。

亜鉛金属のみの抵抗値(μΩ/cm2)・・・0.02〜0.05
光沢クロメート・・・0.02〜0.05
有色クロメート・・・0.2〜0.8
黒色クロメート・・・1.0〜2.0

ただし、薬品メーカーによっては非導通の場合もございます。

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP