めっきQ&A


●半光沢ニッケルめっきとは?

半光沢ニッケルめっきとは、どのようなめっき処理
でしょうか?

二層ニッケルめっき、三層ニッケルめっきにおいて
下地ニッケルめっきとして用いられています。

半光沢ニッケルめっきに求めれる条件は、めっき皮膜中
の硫黄を出来るだけ少なくすること(一般に0.003%程度)
めっき皮膜の内部応力が小さいこと、外観が半光沢で、
平滑化作用(レベリング)があることなどです。

めっき浴はワット浴を基本としますが、光沢ニッケル浴
よりも塩化ニッケルの濃度を低くして用います。
濃度が高いと高電流密度部分が無光沢になり、めっき
皮膜の内部応力が高くなります。


参照文献:めっき用語辞典 日刊工業新聞社

▼お問合せのページは、こちらから。


キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP