めっきQ&A


亜鉛めっきの最小膜厚は?

電気亜鉛めっきの場合には、5〜20μm厚以上です。

溶融亜鉛めっきの場合には、50μm厚以上です。

精度がございますので、電気亜鉛めっきにて対応することに
なりますが、製品の材質や形状に、クロメート処理の種類
によって膜厚が変化します。

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP