めっきQ&A


アルマイト処理後の塗装の下地について。

硬質アルマイト処理とアルマイト処理では塗装の下地処理と
して優劣があるでしょうか?

塗装はメラミン焼き付け塗装を想定しております。

現在、アルマイト処理後に塗装を検討しているのですが、
塗装業者様から、うまく成功するかどうか解らないとの回答が
来ております。

硬質アルマイト処理がいいのか?
アルマイト処理がいいのか?

悩んでおります。

良い智恵がございましたらお教えくださいませ。

塗装の下地には、一般的に「アロジン処理」というもの
を施します。

この処理は、アルミニウム素材にクロメート処理を
施す処理で塗装に適していると言われております。

硬質アルマイト処理、アルマイト処理のままでは、
塗装の密着性はどちらも好ましくありません。

下地にどうしても、硬質アルマイト処理、アルマイト処理
が必要な場合には

 アルマイト処理後にクロメート処理を実施する

という方法が宜しいかと思います。

★アルマイト処理のページはこちらから。
★硬質アルマイト処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。


キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP