めっきQ&A


アルマイト処理にてマスキング部分が溶解するし、アルマイト処理がされている。

アルマイト処理を行う際に部分的に処理をしたく
マスキング処理を実施して頂いております。

マスキング処理を依頼してアルマイト処理をお願い
した製品を確認しましたところ、マスキング処理した
部分にもアルマイト処理がされてました。

アルマイト処理を実施した業者に確認しました
ところ、マスキングは「アルミテープ」のみで実施して
いるとのことです。

よってアルマイト処理中にアルミテープが溶解をして
しまうので仕方がないという答えでした。

溶解しないような方法はございますでしょうか?

アルマイト処理にて、アルミテープだけのマスキング処理のみで
行いますと、前処理工程の薬品(アルカリ性や酸性)などで溶解
してしまいます。

また、アルマイト処理の処理液が酸性の場合が多いので、
この部分でもアルミテープは溶解してしまいます。

改善策としましては、

 アルミテープの上にコーティングを行う。

ということになります。

アルカリ性や酸性に溶解しないコーティングを実施
するのが一般的です。

★アルマイト処理のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP