めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

ニッケルめっき加工処理の使用環境が500℃の場合について。

SS400のフランジにニッケルめっき加工処理を施工します。
使用温度が500℃ですが、めっき皮膜は剥離しませんか?

また、ニッケルめっき加工処理皮膜の耐熱温度は1400℃と
考えて良いのですか?

以上、宜しくお願い申し上げます。

温度が500℃という点につきましては、ニッケル
めっきにおいて、変色は生じますが溶解等が生じる
温度域ではございません。

ただ、他の耐熱皮膜も含めまして、素材のとの膨張
係数が異なりますため、冷却されて常温に戻る等の
サイクルが頻繁にある場合、収縮によって素材と皮膜の
間に密着不良が生じる可能性はあるかと存じます。

これら、熱収縮によるリスクを度外視して考えますと、
電解ニッケルめっきであってもご使用は可能と考えて
います。

念のために検証するために試作処理が必要と存じます。

 また、変色が問題となる場合には、

B-in処理というものが宜しいかと思います。

上記の皮膜が、弊社の中では500℃以上の温度域で
変色無しを確認している皮膜となります。

> また、ニッケルめっきの耐熱温度は1400℃と考えて良い
> のですか?

皮膜を構成するニッケル金属の融点が1400℃付近です
ので、皮膜そのものの耐熱温度は1400℃とお考え頂いて
問題ございません。

酸化による変色や、素材との密着不良・剥離を度外視
しての「耐熱温度」となります。
熱により素材が歪んだり変形いたしますと、皮膜がそれ
に追従出来ずに剥離する可能性はございます。

★ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。
★B-in処理のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。


キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP