めっきQ&A


アルマイト処理と硬質アルマイト処理の表記について。

よくあるQ&Aを読んでみたのですが、良く分からなくなって
きたのでご質問させて頂きます。

アルマイト処理の膜厚(10μm)はAA-10と表記できるとの
事ですが、硬質アルマイト処理の膜厚(50μm)はどう表記
できますか?

AA-50ではアルマイト処理50μm厚になるのではないかと
思うのですが、どうなのでしょうか?

現在、硬質アルマイト処理50μm厚を検討中で図面上に
どのように記載していいか悩んでおります。

★一般的に「AA-30」からが硬質アルマイト処理に
なります。

よって

 AA-50

は硬質アルマイト処理50μm厚

ということになります。

ただし、エンドユーザー様に最終確認は必要でございます。

また、AA-30でもアルマイト処理は可能でございます
ので、図面上に、アルマイト処理であるか?
硬質アルマイト加工処理であるか?の注記等は必要かと
思います。

★アルマイト処理のページはこちらから。
★硬質アルマイト処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。


キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP