めっきQ&A


●エレクトログラフ試験とは?

エレクトログラフ試験とは?

めっきのピンホール数を求める試験です。

めっきの多孔性試験方法の一種で、めっき皮膜の
ピンホールを通じて、下層のめっきや素地を溶出させ、
それを印画紙上にプリントする方法。

印画紙は感光させずに現象して銀を除去し、ゼラチン
のみとして乾燥して用いる。

数分間、直流電流を流してから印画紙をはずし、印画
紙上の斑点の数と大きさによりピンホール数を求める。


参考文献:図解めっき用語辞典 丸山清、毛利秀明著

▼お問合せのページは、こちらから。


キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP