めっきQ&A


●クロマトグラフ法とは?

クロマトグラフ法とは?

試料の成分の違いによってある物質との吸着作用や
分配係数の差で移動速度に差異があることを利用した
分離法。

固体または液体を吸着する物質を固定相とし、その一端
に吸着させた混合物試料を適当な溶剤(移動相)を流し
て展開させ、各成分をそれぞれ違った場所に吸着させ
移動させて分離する。

ペーパークロマトグラフ法は、ろ紙を固定相とする方法
であり、イオン交換クロマトグラフ法はイオン交換樹脂
を固定相とする方法であり、ガスクロマトグラフ法は
ガスを移動相とする方法である。

クロマトグラフ法はイオン交換樹脂を固定相とする
方法である。クロマトグラフ法は広い分野で、定性
および定量分析法として利用されている。


参考文献:図解めっき用語辞典 丸山清、毛利秀明著

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP