めっきQ&A


●蛍光X線分光分析とは?

蛍光X線分光分析とは?

試料にX線を照射し、試料中の元素から生じる二次X線
の波長、強度を確定し、定性、定量分析を行う分析法。

原子番号9(F)により大きな全元素が分析できる。

組成範囲は0.01〜100%と広範囲にわたり、金属、非金属
を問わず、また粉末、塊、溶液、ガス状いずれも分析可能
である。

しかし発光分光分析と同様に、特に非破壊分析するとき
には標準試料が必要である。また原子番号12〜13(Mg,Al)
付近以下の元素に対しては感度が低い。


参考文献:図解めっき用語辞典 丸山清、毛利秀明著

▼お問合せのページは、こちらから。


キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP