めっきQ&A


●質量計測によるめっき付着試験とは?

質量計測によるめっき付着試験とは?

めっきの付着量を質量計測によって測定する方法で
JIS 8601「めっき厚さ試験方法」では次のように区分
している。

①めっき破壊質量法(めっき試料を秤量し、めっき
剥離後秤量してその差からめっき付着量を計算する。
付着量はmg/d㎡で表す)

②めっき破壊分析法(めっき使用のめっき皮膜のみを
完全に溶解し、溶液中の金属濃度を定量分析してめっき
の質量を求め、付着量を算出する。)

③素地破壊法(面積既知のめっき試料の素地を溶解し、
残っためっきの質量を秤量し、付着量を算出する)

④非破壊法(面積既知のめっき試料を秤量し、めっき
後再び秤量し、両者の値の差から付着量を算出する)。

以上の秤量に使用する化学はかりは、秤量範囲200g
以内、精度は±0.001g以内のものを用いる。


参考文献:図解めっき用語辞典 丸山清、毛利秀明著

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP