めっきQ&A


●点滴試験とは?

点滴試験とは?

めっきのドロッピングテストは、腐食性溶液をめっき
面に滴下し、めっき層を溶かした時間からめっきの厚さ
を求める方法で、滴下法といわれているが、アルミニウム
の陽極酸化皮膜ではJISに規定されているアルカリ滴下
試験がある。

この方法は、35±1℃に加温された装置内に試験片を置き
この上に35±1℃、10%の水酸化ナトリムを滴下し、皮膜
が除去される時間で耐アルカリ性を調べる方法がある。


参考文献:図解めっき用語辞典 丸山清、毛利秀明著

▼お問合せのページは、こちらから。


キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP