めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

めっき皮膜試験方法に関するお問合せ

●膜厚計とは?

膜厚計とは?

めっきで使用されている膜厚計の種類は、電解剥離式、
蛍光X線式、電磁式、渦電流式、β線放射式などがある。

電解剥離式は、膜厚計が安価で熟練を必要としないので
最も広く使用されているが、試料が破壊されてしまう
欠点がある。

蛍光X線式は、価格が高いが使用範囲が広く、めっき厚
の薄い貴金属めっきが非破壊で測定出来るので、貴金属
めっきに使用されることが多い。

電磁式は、簡便であるが素材が強磁性体で、めっきが
常磁性体などでないと測定出来ない。

薄板などの連続めっきでは、これらの膜厚計を応用した
連続測定が実施されている。


参考文献:図解めっき用語辞典 丸山清、毛利秀明著

▼お問合せのページは、こちらから。


キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP