めっきQ&A


無電解ニッケルめっき後に表面を荒らしたい場合について

無電解ニッケルめっき後に表面を荒らしたい場合は
どのような方法がよいでしょうか?

無電解ニッケルめっき処理後に梨地処理にて荒らすことは
可能ですが、以下の注意点がございます。

1.無電解ニッケルめっきの膜厚が最低でも20μm厚以上必要
2.梨地処理の粒子は小さい(細かい)ものを使用する
3.梨地処理の圧力を極力小さくする

無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP