めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質アルマイト加工処理に関するお問合せ

硬質アルマイト加工処理に封孔処理をするとクラックが発生する。

硬質アルマイト加工処理後に封孔処理を施すとクラックが
生じるのは何故でしょうか?

クラックが生じることで何か問題になるようなことは
あるのでしょうか?

処理を依頼している業者では、一般的なことなので
問題はないとお返事を頂きましたが、それは本当
なのでしょうか?

以上、宜しくお願い申し上げます。

硬質アルマイト加工処理後に封孔処理をしますとクラックは
生じます。
これは、封孔処理の温度が、一般的に100℃近くに
なるためでございます。

自然封孔というものもございまして、経時変化にて
クラックが生じる場合もございます。

クラックは素材まで達する場合もあり、硬質アルマイト加工処理
でも、一般的な硫酸浴を使用した処理液の場合の方が発生しやすく
シュウ酸を使用した処理液の場合には発生しにくくなります。

クラックが発生するのは、硬質アルマイト加工処理後に封孔処理
の熱温度の熱膨張の関係です。

クラックが生じることで耐食性が、硫酸浴よりもシュウ酸浴の
方が高くなります。

クラックを少なくする方法として、低い温度で乾燥したり、
封孔処理の温度を下げる場合もあるようですが、一般的
ではございません。

★アルマイト加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP