めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

ニッケルめっき処理に関するお問合せ

▼200℃程度の温度でニッケルめっき処理からのガスについて。

温度のかかる部分の部品固定にM5用のスプリングワッシャに
ニッケルめっき処理をした部品を使用しています。

その部品に200℃程度の熱がかかり、めっき皮膜が剥離されています。

この状態の時、スプリングワッシャからどのような種類ガスが
発生するのかお教えて頂けないでしょうか?

又瞬間にガス化状態に成るのか、少しずつガス化状態が続くのでしょうか?

以上、宜しくお願い申し上げます。

温度的に考えますと「水素ガス」の可能性がございます。
その他のガスについては、弊社では判断することが出来ません。

剥離している要因は「ガス」ではないと思います。

基本的に、ニッケルめっき処理後に熱処理をしますと
密着性が向上しますので剥離はしにくくなります。

それが剥離するということは、

 1.熱処理により素材が歪みその影響で、ニッケルめっきが
   剥離している。
 
 2.ニッケルめっきが良好に処理されていない。

 3.ニッケルめっきの前処理工程などが妥当でなない。

などが考えれます。

★ニッケルめっき処理のページはこちらから。

▼お問合せのページはこちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP